2016年7月23日土曜日

ポケモンGO・Pokemon GO


この前の2週間に世の中の動きを知らずに暮らしていた場合であれば、ポケモンGOというスマホゲームがアメリカを皮切りにして、ヨーロッパ、そして昨日に日本に至って公開されたことを知らないかも。

ポケモンGOはあまり期待されていなかったゲームだった。任天堂は世界一のゲームイベントでポケモンGOの新情報を報告したけど、詳細がゲーマーにとってはあまり気にならなかった。まあまあレベルになると思われた。

なので、任天堂とザ・ポケモン・コンパニーと協力してポケモンGOを開発したNianticという会社にとっては、ポケモンGOがツイータよりユーザーがいるようになったことに非常に驚いた。雷のように市場に当てた。サーバーが需要を満たしにくい状況は、あまり知られていなかったNianticにとっても、そしてこの前の数年間にWiiのような大成功のゲームを公開していなくて、ゲーム業界の中に苦労の競争をしている任天堂にとっても、幸せな問題だろう。

ゲームのやり方を説明する。歩き回って、ポケモンを捕まえる。捕まえれば捕まえるほど、自分のキャラがレベルアップして、その後、ジムを挑戦する機会を開く。ゲームの中に、プレーヤーは3つのチームに参加して、ジムを支配したら、お山の王将のふうに、支配したプレーヤのチームの領土になる。

僕はあまりゲームをまだやっていないけど、それだけはポケモンGOだ。簡単な概念で、大ヒットになるゲームに見えない。しかし、詳細が大切だ。まず、ポケモンは僕の世代に好きられているシリーズだ。子供の頃にやっていたが、20、30代になっても、ポケモンがやっている。ポケモンはまだ任天堂が一番販売されるゲームのシリーズの中に含まれて、経営者でさえプレーヤーがポケモンの人口統計で若者のプレーヤーが大人になっても、ポケモンをやっていることを気づいている。

もう1つの大事な詳細だが、ポケモンGOはグーグル地図の情報でゲームの環境を組み立っている。実際にある着回すながら、自分のアバターもGPSの情報で動く。ある実際のところはプレーヤーがもらえるアイテムが出されている特別な場所か、ジムとして指定されているので、人々はそれらの実際のところに集まることになる。ポケモンもグーグル地図の情報で生み出される。ポケモンは最初にクラウドで生み出されるので、プレーヤーは生み出されたポケモンの位置まで移動すると、誰のプレーヤーでもそのポケモンを見える。つまり、ポケモンは希少性がある。一人のプレーヤーがあるポケモンを捕まえ馬、他のプレーヤーがそのポケモンを見えたり、捕まえたりすることができなくない。その状況上には、プレーヤーが互いに間接的にゲームの経験に影響を与えれる。

それらの要因と色々なアイテムもゲーム世界に影響を与えることはポケモンGOをソーシャル性に優れたゲームにする。プレーヤーは大きい集団にでもなって、一緒にポケモンGOをする。今日、探しに歩き回っていた間に、カップル、女子集団、男子集団や父親が二人の娘さんと一緒に歩き回って会話しながら、ポケモンGOをしている様子を見た。

ジムはアイテムが手に入られるところやポケモンより珍しいので、ゲーム世界には特別な影響を与える。もちろん、各チームはジムを支配できるので、プレーヤーたちが支配しているジムを守るためにジムの位置に行く。アメリカには教会がジムとして指定されることが多い。

でも、それより、会社のブルもジムとして指定することもある。アメリカの会社にはポケモンGOがいい影響をしている。プレーヤーたちが使ったりとったりアイテムやキオスクを出している会社があるらしい。数日前、2ちゃんにはマクドナルドがジムとして指定される情報がリークされた。リークのせいで、Nianticは公開をひかえたプレーヤーがワクワクになっていたので、サーバーがうまく動けないようになる恐れがあったので、もっとサーバーを準備するためにポケモンGOの日本登場を遅らせた。

ポケモンGOは多分、ゲーム歴史の中に一番社交的なゲームだ。ポケモンGOの公開は社会的と経済的な影響をプレーヤーと一般人にももたらす。ゲーマーではないといえども、経営者がポケモンGOの影響を利用するのが会社のためになる。マクドナルドのように、他の会社もスポンサーのジムになって、お客さんを寄せられる。ゲームは携帯の電子を早く減らすので、バタリーパックを買うプレーヤーが少なくない。他プレーヤーに共有する人もいるらしい。プレーヤーは知らないプレーヤーに出会って、一緒に歩き回りながらポケモンGOをするらしい。若者に歩くことを奨励しているので、Michelle Obamaの健康発議権より、ポケモンGOの方が若者の健康に影響を与えたという冗談を言う人もいる。

ポケモンGOの公開はゲームの歴史上に本当にユニークのことだ。将来にゲーム会社に勉強されると思う。来年、任天堂は曖昧な「QOL」の機械が含める新しいゲーム機を発売する予定があるので、ポケモンGOの大成功は心強い便りだ。すでに株にいい影響を与えた。将来にアップデートを公開しづつ、プレーヤーの人口を増加することができることは、これからの本番だ。今、全部のポケモンが含めていないので、まだまだ追加することができる。新しいやることが追加される質問があるけれど、プレーヤーの人口は減少しないと、Nianticと任天堂は新しいやることを追加すると思う。

***

Pokemon GO

If you’ve been living under a rock for the past couple of weeks, then you may not have heard of a new smartphone game called Pokemon GO that was released in the US, and more recently in Europe and Japan.

Pokemon GO was not a very highly anticipated game. Nintendo talked about it recently as part of a large video game expo, but the details released left gamers feeling like the game would be mediocre at best.

That’s why it came as a great surprise to Niantic, the company that Nintendo and the Pokemon Company partnered with to make the game, when Pokemon GO had more active users than Twitter within only a few days of release. It hit the market like a lightning strike. The servers have had a very difficult time keeping up with demand, a happy problem for a relatively unknown company like Niantic, and for Nintendo, a company that has struggled over the past few years to release any real hits on the same level as the Wii.

Let me explain the mechanics of the game. You walk around and catch Pokemon. As you catch Pokemon your character levels up and you have the opportunity to battle gyms. In the game, you are part of one of three teams, and if you defeat the gym, your team takes the gym as its territory, king-of-the-hill style.

I haven’t really had a chance to play the game much myself just yet, but that’s the basic gist of the game. It’s a simple concept that you might not expect to explode in popularity. However, the devil is in the details. For one, Pokemon is a beloved series that my generation grew up with. Even though we’re now in our late 20’s and early 30’s, we still play and love Pokemon games. Pokemon is still one of Nintendo’s highest selling franchises, and even their executives have noticed that sales demographics show that young players have followed the series as they grew into adulthood.

Another detail is that the game uses Google Maps information to fill the world of Pokemon GO. As you walk around the real world, your avatar moves as well using GPS information. Certain real-life locations are designated as areas for receiving items or for being gyms, which means people will be encouraged to gather in those locations. Pokemon are also generated using Google Map information. Pokemon begin life in the cloud, which means that ALL players, if they are at a certain location, can see the same Pokemon. In other words, there is a certain scarcity of Pokemon. If a player catches the Pokemon on their smartphone, then other players can’t catch it or see it anymore. The fact that other players can see and interact with the same Pokemon means that players can indirectly affect each other’s experience within the game world.

All these factors, along with some items that also have similar influences on the game world, make Pokemon GO a highly social game. Players meet up in groups and play together, sometimes in very large groups. In my own experience walking around Saga today, I’ve seen couples, groups of friends, and even father’s with their children walking together while talking and playing Pokemon GO.

Gyms are rarer locations compared to the special item or Pokemon locations, so they have a special influence on the game, as well as the real world. Of course, players want their team to capture and hold a gym, so they will go to the gym to make sure their team maintains control. In the US, churches are often designated as gyms.

However, more importantly, businesses are sometimes chosen as gym locations as well. In fact, being a gym has been very good for businesses in the US, to such an extant that those businesses have made kiosks, flags, special items, etc. to offer to Pokemon GO players. A couple of days ago, there was a leak on Japan’s largest online discussion forum that revealed that all McDonald’s restaurants in Japan would be designated as gyms. Because of the leak, there was even greater anticipation for the release of the game, and therefore Niantic felt that they had to delay the release a couple of days to prepare servers to keep up with demand.

Pokemon GO is probably the most social video game released in history. Its release has both social and economic implications both on players and non-players alike. Even if you’re not a gamer, if you are a business owner/manager, knowing how to take advantage of the game can contribute greatly to your business. Companies can, just like McDonald’s has, become sponsored gyms as a marketing tool to attract customers. The game drains battery power very quickly, so many people buy battery packs for their phones. Some people even share battery packs with other players. Strangers meet up and walk around with each other to play the game. Some people have joked that Pokemon GO is has done more for the health of young people—by encouraging them to walk more—than Michelle Obama has done with all of her health initiatives over the years.

The release of Pokemon GO is truly a unique occurrence in gaming history and will be studied by video game companies in the future. It bodes well for Nintendo, since they are planning to release a new gaming “platform” next year that will include some sort of ambiguous “quality of life” element. It’s already given a significant bump in Nintendo’s stock price (it doubled in a week). The real test for Pokemon GO will be if they can maintain the momentum—active users—while continuing to release updates in the future. The game currently only has a fraction of the Pokemon that exist in the Pokemon universe, so there are almost certainly going to be more Pokemon added in the future. Whether new gameplay elements will be added is another question, but if the active user base remains high, then I’m certain that Niantic and Nintendo will add more gameplay elements to the game.
コメントを投稿