2013年12月31日火曜日

わがままさと逃した好機

自転車はシャワーを浴びた。
先週、久しぶりに自転車を洗ったけど、シャワーで初めて洗った。外は寒いので、シャワーを使った。ちょっと面倒だったけど、このように洗ったほうが好き。日本にもできるかな?

でも、この日記は自転車の日記じゃない。最近、撮影の話を書いたね。写真を撮るのが好きだけど、日本に人の写真を撮りたいので、今の住んでいる町に練習している。撮影を練習したいけど、知らない人と話しかける方を練習したいと思っている。

僕の考え方を分析したら、知らない人と話しかけるのは僕にとって難しい理由を気づいた。最初は面倒くさがり屋だし、いろいろなことをしないように自分を言い聞かせてしまう。クリスマスの2日間後、友達が求めたものを探しに出かけた。出かける準備をしていたとき、「面白いことを見かける可能性があるから、カメラも持っていった方がいい」と思って、カメラと一緒に出かけた。探し終わった後、モールに行って、パソコンやお土産を見に行った。前と違ったので、通路の真ん中にたくさんのテーブルの上に「Magic the Gathering」というカードゲームをしていた人がいた。妹はそのゲームのカードを持っているけど、あまりしないので、ゲームを知っているけど、詳しくないね。

前に話していた理由に何の関係があるのか、早く言ってくれよって?マイカは短い話を長くする悪い癖があるって?うるさい!マイ日記だからマイペースだぁ!

「写真を撮ってもいいかな?」と思ったけど、「まあ、後でする」と決めた。後で、車へ戻った途中、またゲームしていた人たちを見て、「どうすればいいのだろう?最初に、『このゲームはどんなゲームですか?』って聞いたらいいかな?その後、ちょっと会話して、写真を撮れるようになる・・・でも、みんな忙しそう。邪魔したくない。まあゲームは高いので、僕はゲームをできないな。ゲームの情報を聞いても無意味だろう。面倒くさい。やめよう」と思って、車へ続けた。つまり、面倒くさがり屋なので、知らない人と話しかけて、写真を撮らないように自分を言い聞かせてしまった。

でも、理由はもう一つがある。わがままだった。僕はそのゲームをしていた人の生活に興味がなかった。

先週、5人の踊っていた女性たちの写真を撮ったね。彼らは踊り終わったとき、1人は「お名前は?」と聞いて、「マイカです」と僕は答えた。「何をしますか?」と聞かれて、「大学生です」と答えた。学名や留学の計画について話してから自転車で出た。わがままのところは?って質問したら、僕は5人のことを全然聞かなかったから。名前でも聞かなかった。実に興味がなかった。僕のやりたいことだけを考えて、他人のことを無視してしまった。ゲームをしていた人を見た時にも、やりたいことを終わったので、すぐに帰りたかった。他の人に興味がなかった。

5人の女性たちの話を父に言ったとき、父は「逃した好機だったね」と言った。僕もそう思った。外見だけを見て興味がない気がした。しかし、もっと話して、面白いことを気づいたり、楽しいことをしたりしたかも。

僕は自然に内向的だね。内向的な人は他の人と時間を過ごすのはつかれる上に、自分の物思いにふけがち。集中力はいいけど、視野が狭くなりがち。「わがままだった」と言ったけど、僕の行為は内向的な人の特性も言えるでしょう。そして、5人の女性の話について話せば、僕は行為は少し失礼だったかもしれないけど、正直だった。よく考えたら、僕は本当に興味がないけど、興味がある真似した方はよくなかったんだろう。

でも、実に逃した好機だったんだ。僕はこんな人になりたくない。基本的に内向的で、それを変えられないのが分かっているけど、もっと積極的で、他人に興味がある人になりたい。ん、違う。スイッチを入れるにそういう人として行動できるようにしたい。

なぜそういう人になりたいって?今の内向的なマイカは何が悪いのかって?説明するために、他の話を言いたい。この日記はもう少し長くなるけど、しょうがないな。

父は数年前、ある会社でプログラマーとして働いた。ある頃、会社のパソコンは変な問題があった。無作為のように問題があった。ハードウェアとソフトウェアは異常なしだったのに。ある夜、父とパソコン団体は問題のきっかけについて話して考えていたとき、問題が出した日々について話した。話していた途中、管理人さんは話を耳にして、「あの日々、俺は釣りに行ったんだぞ」と言った。は~?なぜその日々に釣りに行ったのかと聞かれたら、「満潮時だったからな」と答えた。

父の団体はちょっと調べたら、やっぱり、問題のきっかけは潮だった!すごくない?数ヶ月のパソコンの問題は管理人さんのおかげで治られた!

もう、なぜ話を言ったのかよって?要点を話してくれないのかって?読者さんはイライラしやすいですね。僕の日記でそんなに失礼に話しやがって・・・

要点はこれだ。パソコンのオタク団体(専門家)があっても、その団体はすべてのことを知るわけないでしょう。父は積極的な人だけど、一般的に、パソコンのオタクは内向的でしょう。あることをくわーしく知るけど、知ることは少ない。あることに専攻しすぎる傾向があるってわけ。今の僕は専攻しすぎている。人生と世界の知識はまだまだ少ない。豊かな性格を作るために、いろいろな経験や知識が要るんだ。そういう経験や知識を手に入るために、いろいろな人と話さなければならない。

積極的な人は内向的な人と比べたら、他の人と付き合いやすいでしょう。だから、いろいろな経験や知識を集めると思う。僕のように専攻しすぎる積極的な人もいるはずだけど、一般的に、積極的な人はリスクや新しいことが好きだ。逆に、内向的な人はリスクが嫌いだと思う。特に、他の人に関してリスクが怖い。

その怖さで自分を限るでしょう。でも、自分を限らないで、いろいろな人と話したり、いろいろな経験をしたりしたら、創造性になって、問題を解決する能力が上がるでしょう。父の団体の中に釣りをする人がいたら、そのパソコンの問題はすぐに解決できたかも。知らない人と話すのはどんな影響があるか分からないけど、新しい知識を知って、経験をする可能性がある。積極的な人は知らないを見たら、「まだ作っていない友達」ということを思う。知らない人と話しかけるのはその好機を見えるけど、僕のような内向的な人は見えない。

僕は知らない人の外見を見るだけで「その人と話すことに興味がない」と思ったら、好機を無駄にするだろう。何回もそんなことをしたんだろう?何人の生涯の友達に出会わなかったんだろう?

でも、内向的な人もいいところがあるね。僕は本当にいい友達がいたら、その友達を大切にする。たくさんの友達が要らない。量より質ってこと。しかし、いい友達が多いことも悪くないでしょう。

もちろん、よく考えたら、僕の言うことはわがままだね。仕方がない。人間だからこそわがままだ。

でも、もっと積極的になるために、どうすればいいだろう?どう考えばいいだろう?まだ考えないといけない・・・眠い・・・もう、寝る・・・



コメントを投稿