2013年9月29日日曜日

日本と僕・Japan and Me

奨学金を申し込んでいるから、エッセイを書かなくていけない。以下の内容はそのエッセイだ。日本を擬人化するけど、うまく伝えたかなと気になっている。

***

日本が大好き。っていう言葉の意味を説明しにくいね。日本語の授業のクラスメートの曖昧な説明をよく聞いた。日本の文化が大好きだって言うけど、意味はなんだろう。アニメ、コスプレ、ジェイポップ、ドラマや好きだけど、そういう国が大好きな理由は変でしょうね。メディアが好きだから日本が好きな「愛」は、女の子の声を聞いて、足を見るだけで「大好きだ」と言うことと同じじゃないか。本当の「愛」ではなくて、ただの高校生の恋愛だろう。

しかし、ほとんどの人にとって、始まりはそういうことだね。4,5年前の僕も同じだったんだ。アニメを観るきっかけに日本語を学ぶことになった。日本の声の音、そしてその声の複雑さと簡単さが好きだった。彼女は謎の上に、なんか魅力的だった。

他の若者のように、自信に欠けた。そして、四年前、僕の変化が始まった。自分で基本な日本語のことを勉強し始めた。大学を入学して、もっと日本のことを知る目標にした。日本人の留学生にいろいろな質問をしたり、異文化間コミューニケーションの授業を取ったり、日本歴史の授業を取ったり、高級までに日本語を勉強したり、国際ビジネスのクラスを取ったり、日本で10週間に留学したりした。人生を左右する友情ができて、自分と世界について考え方が変わった。その経験のおかげで、前にできないと思ったことができるような自信がつけた。

日本のことを勉強する前、会社でプログラミングしたり、パソコンを直したりするような普通だと思った生活の想像をした。それは「マイカ」だと思ったね。今、日本で英語を教えたり、企業を始めたりして、日本と世界をより良い場所にするような想像をしている。それは今の「マイカ」だ。日本のおかげだ。日本に夢を生まれて、情熱を与えられてくれた。

夢を叶える前に、しなければならないことはまだまだある。だから、2014年4月に、神戸にある兵庫県立大学の留学を始める。帰国する前、日本語能力試験の一級を合格することを目指している。経済とビジネスの勉強を進んで、同じ考えを持つ人に会おうとする。僕のような外国人の1人暮らしを体験したい。とりわけ、うちと呼びたい場所のことをもっと知りたい。

日本を愛していて、日本に対して愛情を他人に分かち合いたい。日本をもっと知りたくて、来年、そうするんだ。ブリッジイング奨学金は僕の日本の留学だけではなくて、人生に変化をもたらしてくれるはずだ!

***

I love Japan. It is difficult to describe what that means. I have often heard classmates in Japanese language classes describe their love of Japan in ambiguous ways. They love Japan’s “culture”, whatever that means. They like anime, cosplay, J-Pop, dramas, etc., but those seem like strange reasons to love a country. To love Japan for its media is like loving a girl because she has a pretty voice and nice legs. That is a high-school crush, not love.

Yet, that is how it seems to start for most people. That is how it was for me about four or five years ago. I watched so much anime that I decided to learn Japanese. I liked the sound of Japan’s voice, it’s simultaneous simplicity and complexity. There was something mysterious about her, alluring even.

Like other young people, I lacked confidence in myself. Then, four years ago, things began to change. I taught myself the basics of the Japanese language. I started going to college and made a college career out of learning about Japan. I asked Japanese students questions about their homeland and lives. I took intercultural communication classes. I took Japanese history classes. I continued to learn Japanese all the way to an advanced level. I took an international business class. I studied in Japan for ten weeks. I made real, lasting friendships that have completely changed the way I think about myself and the world. Those experiences helped me find confidence in myself, in my ability to do things I never knew I was capable of.

Before learning about Japan, I had pictured myself in an office, programming or fixing computers, living a “normal” life some place in the US. That was who I was. Now, I picture myself in Japan, teaching English and starting a business, helping make Japan and the world a better place. That is who I am now. I cannot picture myself any other way. That is a gift that Japan has given to me. Japan has given me a passion, a dream.

I have much to do in order to make that dream come true. That is why in April, 2014, I am going to begin a year-long study abroad experience in Kobe at Hyogo University. I want to be able to pass the level 1 test of the Japanese Language Proficiency Test, the highest rank in that test, by the end of my study abroad experience. I want to continue learning about economics and business, meeting like-minded classmates and making connections. I want to learn what it means to live an independent life in Japan for a gaijin such as myself. Most of all, I want to learn more about the place I would like to call home.

I love Japan, and I want to share that love with others. I want to get to know Japan more, and next year I shall. The Bridging Scholarship will make a difference not only in this study abroad experience, but in my life for many years to come!
コメントを投稿