2012年10月17日水曜日

ビジネスの授業

実は、数週間前、秋学期が始まった。Evergreenという大学に転校して、日本語とビジネスの授業を取ってきている。日本語の授業は恐ろしいけど、この日記はビジネスの授業について書いている。

Evergreenの授業と普通の大学の授業は違う。国際文化と一緒に教えられているビジネスの授業だから、自分で「なぜ経済とかを勉強しているだろう?」と聞いたら、すぐに分かるようにする授業だ。国際文化も勉強するけど、ほとんどは中国の話だね。学生は中国の文化とか政府とかを話し合ったりする。その話はまあまあ面白いけど、議論は終わったら、僕は「事業計画」のグループと集まる。そのグループもグループを4つ分かれて、いろいろなことをする。

僕はそのグループと集まる前、「英語の先生と学生をお互い見つけやすくなるようにするサイト」という事業計画を作るつもりだった。僕のグループは今その計画を考えている。いろいろな問題があるけど、できると思う。実は、僕は日本に引越してから、そういうサイトを作るつもりだったけど、今年作れたら、本当にいいと思う (^_^)

サイトはAmazonみたいなサイトになる。先生と学生はプロファイルを作って、自分のことを紹介して、好きな先生か学生を見つけられる。先生と学生はレビューも書ける。「いい先生! 厳しく教えるが、やっぱり厳しい先生はいい!」ということを書ける。

今、日本人は英語の先生を見つけたかったら、いろいろなサイトを見たり、土地の先生か会社を探したりしなくてはいけないけど、面倒じゃないかと思って、先生を見つけてから、「この先生はダメ」とか「先生と気が合わないな」と思う人が多い、僕は気がする。例えば、僕の初めての日本語の先生はいい人だったけど、つまらなかった。僕と同じ元気な人ではなかった。

みんなはそういうサイトがあったら、どう思う? 日本人は先生について正直なレビューをできるだろう?
コメントを投稿