2012年2月14日火曜日

「お母さん」って、大切な人、その2

Hi. How are ya?
おはよう。元気?

You turn 58 today, right? Or was it 57?
今日、58歳になるんだろう? それとも、57歳?

Right, right, 57. You're 57 today, not 58. My bad.
そうよ、そうよ、57歳だね。58歳ではなく、57歳になった。ごめんね。

You know, a lot has happened in our lives together.
僕たちは一緒にいる生活に色々なことが起こったな。

The day I was born was the day we started our life together as mother and son.
僕が生まれた日は母親と息子の一緒に暮らしが始まった。

You undoubtedly remember it as the most important day of your entire life.
もちろん、その日は母さんの一生、一番大切な日だったでしょう。

Since I know you'll read this letter, too: Sorry, Papa. Better luck next time.
あなたもこの手紙を読むのは信じているから: ごめんね、パパ。この次は頑張ってね!

After I was born, and throughout my life, we've moved around quite a bit.
僕が生まれた後、そして僕の一生を通じて、僕たちは一緒によく引越したんでしょう。

When I tell people about it, they often ask, "Is your dad in the military or something?"
他人に「僕はいっぱい引越した」と言ったら、「お父さんは軍隊にいるの?」と聞かれている。

In a way, you were thankful for that, at least in the beginning.
なんとなく、最初に、母さんにとってありがたいのことだった。

It gave you the freedom to raise your family in whatever way you wanted to, to live your life how you wanted to live it.
引越したから、母さんは自由になって、好きに生活したり、子供たちを育ったりできることになった。

Moving around, of course, has its pros and cons. We had the opportunity to go to some amazing places and meet some amazing people. However, at one point or another, we were separated from them.
もちろん、引越すのはさまざまな結果があったんだろうね。すごいところに行って、面白い人に出会える機会が多かった。しかし、残念ながら、その人と離れちゃった。

We were often lonely and depressed because of the path we chose to follow.
僕たちは選んだ道のせいで、寂しくて憂鬱になる時間が多かった。

We always had each other, but we know that that's not enough. We need companions, close friends, people we can confide in and turn to for help. We need someone that we can be ourselves with, someone who shares common interests, someone that will listen intently to whatever crazy thing pops into our heads.
いつも一緒にいたけど、それは足りないんでしょう。一緒に打ち明けたり、お互いに手伝ったりできる仲間が必要だと僕たちは分かる。自分らしくしたり、同じことに興味があったり、僕たちのバカ話によく聞く仲間が必要だと分かる。

We need someone that can understand us in ways our family can't.
家族より、自分が分かる大切な仲間が必要だと分かる。

There was a time when I didn't have people like that in my life. I felt alone, even while surrounded by my family.
僕はそういう人がいなかった時をよく覚えている。僕の周りに家族がいたのに、本当に寂しかったよ。

I had no hopes, no dreams. My future was not my own to decide, I felt, and so I drifted and floated with the flow of life. I was lost, yet felt I was being guided in the right direction. Heaven's invisible hand guided you, and you guided me.
夢と希望がなかった。僕にとって、未来はコントロールできることではなかったと信じて、生命の流れで漂ってきちゃった。すごく迷ったけれど、いい道に案内されていたと思った。天国は母さんを案内して、母さんは僕を案内していたと思った。

I felt empty.
心に穴が開いたように感じた。

Although I accepted such a life, at the same time, I felt that emptiness. The space left inside me was being filled with things that felt belonged there, yet still left me feeling empty. I felt a need to take control, yet taking control seemed impossible, dangerous, wrong.
そんな存在を受け入れたけど、まだ心に穴があるように感じた。その空白は心に合うことで埋めていたけど、まだ物足りなかった。自分の生活をコントロールしたかったけど、無理、危険と悪いことだと信じていた。

There was a time when I fantasized about doing incredible, superhuman things. My dreams were born from a desire to take control, yet still do the right thing. I wanted to satisfy myself, and I wanted to please you.
ある頃、ものすごいことをやる空想をしていた。夢は自分の生活をコントロールしながら、正しいことをやる欲しさから生まれた。自分を満足させようとして、、母さんを喜ばせようとしたかった。

After all, you're my mom. What son doesn't want to see his mom happy after seeing her so sad for so long?
結局のところ、母さんだよ。母さんがずっと悲しかった後、どんな息子は母さんを幸せにしたくないんだ?

Then, by chance, or perhaps not, something changed. The flow of my life was disturbed. I adapted. In order to make you happy, I started helping other people every day. I met others who likewise helped people. They were different from me, but I was used to that. I've always been a bit different.
そして、偶然だから、あるいは運命だから、何か変わった。生命の流れがかき乱された。僕は変わった。母さんを喜ばせるために、毎日、他の人を助け始めた。他人を助ける人に会った。その人は僕と比べたら、違ったけど、そんなことにもう慣れた。僕は普通ではないから。

Slowly, their lives and my own intertwined and overlapped. I spent hours everyday in a small room with them. We shared jokes and shared conversation. Although we were different, more and more I realized how similar we were. I could talk to them in ways I couldn't talk to you.
僕と彼らは仲良くなった。毎日、数時間に彼らと一緒に小さな部屋で過ごした。よく冗談をして、会話をした。僕と違ったけど、じわじわと僕たちの同じのところが分かった。母さんと話せなく、彼らと話し方があった。

I was happy everyday because everyday I was with my friends. Some noticed that I was always happy and asked me how I could always be so happy. I never told them the truth, partially because I still unsure about the answer myself.
毎日、友達と過ごしていたから、僕はいつも嬉しくてニコニコしていた。僕の嬉しさを気づいた人は僕に「どうしてマイカはいつもハッピー?」と聞いた。僕は真実を教えなかったけど、僕も真実があまり分からなかったみたいだ。

I was content with that life. I wasn't lost anymore. I was with friends half the day, and with family the other half. A balance had been struck. A part of me was in control and the other was happily guided by you. I felt like I was finally growing up, moving forward.
その生活は嬉しかった。迷子ではなかった。毎日、友達と家族と過ごした。バランスになった。僕は自分の生活をコントロールしながら、母さんが案内されていた。ついに成長する感じがした。

Then we moved,
そして僕たちは引越し、
and they were gone,
彼らはいなくて、
and I was empty again.
また僕の心に穴が開いてしまった。

That emptiness quickly filled with anger and resentment. I wasn't just angry at you, but still, I resented you.
その空白は早く怒りと恨みで埋めた。母さんだけではなかったけど、まあ、母さんを恨んだ。

I purposefully distanced myself from you. You felt that distance. When you cried, I thought, “Keep crying.” Your guidance took away my happiness, and so I boiled my angry heart in your tears even while remaining cold to you.
僕は母さんから気分的に距離を置いた。母さんはその距離を感じた。母さんは泣いていたとき、僕は「まだまだだ」と思った。母さんの案内は僕の嬉しさを奪ったから、僕は母さんの涙が欲しくて、だんだん距離を置いた。

I didn't want to go back to the life I had before. I didn't want to be lost anymore. Distancing myself from you gave me the ability to take control of my life and future. Step by step, without acknowledging it myself, I began to take a different path from you. I no longer emptied myself for you or anybody else. I filled my heart with my own dreams and ambitions.
前の生活に戻りたくなかった。また迷子になりたくなかった。母さんから距離を置いたから、自分の生活と未来をコントロールできることになった。じわじわと、自分でも分からなく、違った道を進み始めた。
僕は母さんだけか、他人だけの希望ではなく、自分の希望だけを考えた。心の中に、僕の夢だけを考えた。

Then at last, I told you what I was going to do.
ついに、母さんに何をするつもりを教えた。

I traveled alone to meet a girl. I took an interest in a language and culture completely foreign to you. I pursued my ambitions with a passion you thought I was nearly incapable of possessing. My dreams of my future gave me strength to move on my own.
僕は1人で女の子に会いに行った。母さんの知らない言語と文化に興味になった。母さんが見たことない情熱と一生懸命に、希望を追求した。未来について夢は自分で動ける力になった。

Over the last couple of years, a lot has changed. I've gone to school, met new friends, made new connections. I've continued studying Japanese. I've gone to Japan. I'm helping people everyday.
前の2年間に、色々なことが変わった。僕は大学に入学して、新しい友達に出会って、関係を作った。日本語を勉強している。日本に留学した。毎日、他人を助けている。

Old wounds have healed. I'm not angry anymore. In fact, I am grateful. Everything good that has happened to me recently was only possible because I'm here with you. If I hadn't followed you, I couldn't have pursued this dream.
古傷が癒された。僕はもう怒っていない。実は、感謝しているよ。最近、母さんと一緒に生活のおかげで、いっぱいいいことをできる。母さんに連れて行かなかったと、この夢を叶えるのが無理だった。

In spite of everything that has happened and everything that I've done to you, you've supported me. You've supported me in my pursuit of a future that will take me away from you. You've done what is painful to you because you know it will make me happy. You've shown me a mother's love.
起こったことと、僕は母さんに悪いことをしたのに、母さんは僕を応援してくれる。僕がすごく遠いところに行って、母さんから離れる未来を応援してくれる。僕を幸せにするために、母さんにとってつらいことをしている。母親の愛を見せてくれた。

Yet, what have I done?
だが、僕は何やってんだ?
You've been my mother,
母さんは母親のように行動しているけど、
but have I been your son?
僕は息子のように行動しているんだろう?

While I've let go of the past, I feel that you are still burdened by me, by the distance I showed to you. Everyday, my future in a faraway place draws closer. You feel that. Everyday, you feel that distance between you and me widen. The emptiness that I felt, you feel now. You're scared.
僕は過去を水に流したけれど、過去の距離のせいで、母さんはまだ悲しいと僕は信じる。毎日、僕の遠いところに行く未来はだんだん近 づけている。母さんはそれを感じる。毎日、その距離が広がっていることを感じる。僕が感じた空白は、今、母さんの心に感じる。母さんは怖いんだ。

I'm sorry. Our paths in life have split, or rather, I've split them. I'm sorry for what I've done to you. We are going to be separated one day. I'm sorry I can't be close to you forever. I will be far away, going to amazing places and meeting amazing people. I'm sorry I've brought you pain. I will be building my own life and my own future, one in which we may rarely see each other. I'm sorry that I won't be there to comfort you when I'm gone.
ごめん。僕たちの道は別々になっている。というか、僕は別々にしている。母さんのそばにいることをできなく てごめん。僕は遠い国にいて、すごいところに行ったり、面白い人たちに出会ったりする。母さんを傷つけてごめん。僕は母さんから離れて、あまり会えない生 活と未来を作る。いないとき、母さんを慰められなくて、ごめん。

You may be wondering why I've written this letter to you both in our mother tongue and a foreign one. Perhaps its presence has made you feel uncomfortable. Perhaps, with every page you turn, you have felt that I have grown into a person with a life, a personality, a consciousness so different from your own that you can no longer understand me.
「なぜマイカはこの手紙を英語と日本語で書いたのだろうか?」と考えている かもしれない。この外国語は嫌な感じにさせるかもしれない。各ページをめくったら、知らない生活をしたり、性格があったりする知らない人のように成長し て、もう僕の気持ちが分からなくなってしまったかもしれない。

Perhaps it's hard to even recognize me as your son anymore. You know, the son that sat on the couch with you and stroked your hair? The son that pressed his hand on your forehead to take away your headaches? When reading this letter, can you picture me as the same son that has lived with you for the last 26 years of your life? Is the voice you hear now as you read these words the same voice you've grown accustomed to hearing coming from me? Or does it sound like someone else, an imposter, a fake, a lie?
僕は本当に母さんの息子だと信じ られないかもしれない。母さんと一緒にソファに座って、母さんの髪を優しくなでた息子。手で母さんの額を押し付けて、頭痛を治した息子。この手紙を読んだ ら、26年間と一緒に暮らした息子と、今の僕は同じ息子を想像がつけるのだろう?読みながら、今の聞こえる声と慣れている僕から出る声と同じなのだろう?  それとも、一生、全然知らない人の声しかを聞こえないのだろう?

If you can no longer recognize me anymore, then it is because I have changed. I've changed in more ways than even I know. However, there is one thing that has not changed. There is one thing that will never change no matter where I go, no matter who I'm with. No matter what dreams I pursue, no matter what future I seek. No matter what language I speak, I will never forget these words: Mom,
もし僕をもう知らなかったら、理由は僕を変わったんだ。僕もこの変身が完全に分からない。しかし、変わらな かったことは1つある。どこでも行って、誰とでもいても、全然変わらないことは1つあるんだよ。どんな夢を叶えても、どんな未来を探し求めても。どんな言 語を話しても、この言葉を一生忘れられないんだ。母さん、

I love you
大好き

That will never change. Never.
全然変わらない。

You have given me everything. There is nothing I can do to repay the debt I owe you. All I can do is say thank you. Thank you for loving me. Thank you for being my mom.
僕に全てをくれた。僕は一生に、この借金を返せない。「ありがとう」と言うのは1つだけできることだ。僕を愛してくれて、ありがとう。僕を生んでくれて、ありがとう。

Happy Birthday!
お誕生日、おめでとう!

***

みんなは全部の文書を読んだら、多分、「なぜマイカはそんな文書を公開にしたの?個人的な手紙なんだろうか?」と思っている。僕もよく考えたけど、他の人も僕みたいな気持ちをしたことがあるので、みんなと一緒に、世界のお母さんに「大好き」と「ありがとう」と言いたい。
コメントを投稿