2016年2月17日水曜日

難しいことを追いかける人になりたい・I want to be a person that chases after difficult things



昨日、面白いポッドキャストを見た。ポッドキャストのホストは狩り人と話していて、狩り人は「ずっと前から難しいことを追いかけていた」と言った。ただのチャレンジじゃなくて、命かけるくらいのことをやっていた。危険な山を登ったり、危険な動物を狩猟したりすることが多いみたいだ。狩猟した大きい動物を山から持ち帰るためにいっぱいトレイニングをするらしい。

彼は「毎日、帰る時にボロボロで疲れていなかったら、達成感を得ない」と言った。

確かに、僕もそういう感じが分かる。前学期に、15分で大雨の日にが自転車で帰ってきた時、すごい満足感を抱いた。天気自体と戦った気がした。先生は何か頼んで、あまり時間がなくても間に合って頼んだことを完成したら、満足感を抱く。

僕は他の人のように不快さを避ける傾向があるけど、そんな傾向は邪魔になるんじゃないかと思う。ポッドキャストのホストは「ベッドに心が引かれる」と言った時、僕は進撃の巨人という漫画の話を思い出した。エレン・イエーガーというキャラは巨人になる能力を覚醒した後、大事な場面でその能力をちゃんとコントロールできなかった。巨人の体の中に入っているエレンは夢の世界の中に入っていて、「寝よ」と言った。しかし、危険な場面で命をかけていた友達は「起きてくれよ!」と叫んだ。友達はエレンの夢の世界の中に出てきて、エレンは「なんで外に出なきゃいけないんだ」と質問した。

アニメでその話を見た時、意味があまりわからなかったけど、漫画を読んだ時、「ああ、そういうことなんだ。わかる」と思った。進撃の巨人の世界の中に、人類は巨人に支配されて、ある壁の中に住んでいるけど、居住可能地域はだんだん小さくなっている。外の世界に出なかったら、人類は必ず死滅する。外の世界に出るために巨人と戦わなくてはいけない。巨人から逃げるか、大きいリスクを負って巨人と戦うかという選択技がある。エレンは戦うことにしたのに、先の場面で弱さを表した。それは、人間性を表わすことだろう。

毎日、その「出たくない」っていう感じがするけど、仕事をしないとダメだから出る。それでも、まだリスクを負うことから逃げている。外国に住んでいるけど、快適な場所を見つけた時から、リスクを負う気が出ないことになった。いつものことになってしまった。だから、意識的にベッドから出て、外の世界に探検しないとダメだ。先の狩り人のように、難しくて危険なことを追いかけなくていけないのだ。何か痛かったら、何か怖かったら、その何かをいいことのように見た方がいいかも。

それより、あることをしたら時間が無駄にすると思ったら、「時間が無駄になる証拠があるのか?やってみないと分からないだろう。何もしないことの方は時間が無駄になるんじゃないか」と自分に言わないといけない。人間は自己と協議することが上手だ。「本当にそれをする気がするか?なぜ?難しくない?そのことをすれば良い結果がでる証拠があるか?時間を無駄にするんじゃない?気持ちよくないんじゃない?そのことをすると無駄の努力になるんじゃない?このままにして、遊んだら良いんじゃないか?その方が気持ちいいだろう」と言う声が自分の中にない人がいないだろう。ダイエットをしている人の中にその声は「一個のクッキーでもいいだろう」と言ったり、アルコール依存症の人の中にその声は「一杯だけでもいいんじゃないか」と言ったりする。なので、その声に「なぜそんなことを言っているのか?何が欲しいのか?なぜ邪魔しているのか?僕が聞いて欲しいことを言う奴が嫌い」と、その声に応えなければならない。

外の世界に出て、難しくて危険なことを追いかけよう。

***


Yesterday, I watched an interesting podcast. The host of the podcast was talking to a hunter, and the hunter said, “I have always been attracted to difficult things.” He does things that aren’t simply challenging, but life-threatening. He climbs dangerous mountains, hunts dangerous animals, things like that, all the time. In order to carry large animals he hunted down those mountains, he works out a lot.

He said, "Everyday, if I don't feel beat down or tired, I don't feel like I've achieved what I needed to achieve that day."

Actually, I can understand how he feels. Last semester, when I would get home after riding my bike home from school in the pouring rain for about 15 minutes, I felt a great sense of satisfaction. It felt like I had fought with the weather itself. When the teacher asks me to do something with not much time to do it, and then I finish it in time, I feel a sense of satisfaction.

Like other people, I have a tendency to avoid discomfort, but I think that tendency gets in the way. When the host of the podcast say, “The call of the bed is strong”, it reminded me of a manga called Attack on Titan. In the story, after a character named Eren Jaeger awakens the ability to turn into a titan (like a giant), during an important part in the story, he isn’t able to properly control that ability. While he is inside the body of the titan, he has a dream and in the dream he says, “I’m going to sleep.” But, a friend of his that was risking his life in an incredibly dangerous situation shouted, “Wake up!” Eren’s friend showed up inside his dream, and then Eren asked, “Why do I have to go outside?”

When I watched that part in the anime, I didn’t really get the meaning of it, but when I read it in the manga, I suddenly got it. In the world of Attack on Titan, titans basically dominate humans, humans live inside a large wall, and the area where humans can live is gradually shrinking. If they go to the outside world beyond the wall, they have to fight the titans. If they stay inside and do nothing, then humanity will be wiped out. Thus they are put in the position of needing to choose between fighting the titans in the outside world or staying behind the wall where it is “safe”. Eren decided to fight, but in spite of that, in the situation before, he revealed his weakness. You could say that he revealed his humanity.

Everyday, I say to myself, “I don’t want to get up,” but since I have to go to work, I get up. But still, I avoid taking risks. I live in a foreign country, but ever since I got comfortable, I stopped feeling like taking risks. I went back to the old Micah. Because of that, I need to consciously get out of bed, and explore the outside world. Like the hunter from before, I need to chase after the difficult and dangerous things. If something hurts, or if something is scary, I should see it as something good.

What’s more, whenever I think that doing something would be a waste of time, I need to say to myself, “What proof do I have that it will be a waste of time? If I don’t try, I’ll never know. Wouldn’t doing nothing actually be a waste of time?” Humans are good at negotiating with ourselves. We all have a voice inside us that says, “Do you really feel like doing that? Why? Won’t it be hard? How do you know that anything good will come from doing it? Won’t it just be a waste of time? Won’t it feel bad? If you do it, it’ll just be wasted effort. If you just stay here and play, that’ll be good, right? Won’t that feel better?” A person on a diet has a voice that says, “One cookie won’t do any harm, will it?”, and an alcoholic’s voice says, “Just one drink. Just one.” So, to that voice you have to say, “Why are you saying that? What do you want? Why are you getting in my way? I don’t like people that try to say the things I want to hear.”

I think I’ll go to the outside world and chase after the difficult and dangerous things.
コメントを投稿