2016年12月29日木曜日

将来の僕へのリマインダー・A Reminder to My Future Self

先週、学期が終わったので、冬休みを楽しんでいる。この数週間には、怠け者のマイカにならないで、ずっと頑張らないといけないことを思い出させないといけない。だから、これは将来の僕へのリマインダーだ。

先週、学校で昼休みにパソコンで働いていた時に、ある学生は僕の用事があってきた。東京のスピーチコンテストに参加した学生だ。僕たちは外に出たら、彼は「遅くなってすみません」と言いながら、カードをくれた。封筒を開けたら、英語版と日本語版のカードが入っていた。その内容を下に載せる。

 マイカ先生へ
3ヶ月間、英語の指導ありがとうございました。マイカ先生と練習した時間は、僕にとって宝物です。
マイカ先生は、とても熱心に指導してくださいました。単語一つ一つの小さな間違いと、口の形や下の動かし方など細かく丁寧に教えてくださり、とても分かりやすかったです。 僕が文章を読んだ後に、必ず「Good!」と言ってもらえて嬉しかったです。そのほかにも、僕のスピーチを録音して、マイカ先生が何回も聞いて、どこが悪いのかチェックしてくれたり、いろんなパターンに分けて、お手本を録音し、CDをくれたり、パソコンを使って小さな間違いを教えてくれたりしましたね。ここまでする先生は、日本にもいませんよ。僕が今までに出会った、たくさんの先生の中で、一番熱心な先生でした。マイカ先生は、日本人よりも真面目で一生懸命で、優しいと思います。
あなたもモンスターです。

そして、県大会当日。僕はとても緊張していました。そんな僕にマイカ先生は、優しく話しかけてくれましたね。そのおかげで少しリラックスすることができました。また、スピーチ本庄では、客席に座っているマイカ先生の笑顔が僕を助けてくれました。ありがとうございます。マイカ先生と〇〇先生のおかげで、佐賀県で2位になることができました。本当にありがとうございました。

それから、全国大会までの間、放課後の時間も使っていただき、ありがとうございました。おかげで、発音も少しは上達できましたと思います。〇〇先生から、「マイカ先生が東京に行けなくなった。」と聞いて、がっかりしました。一緒に東京に行きたかったです。それでも、マイカ先生からの手紙が、僕勇気付けてくれました。何回も何回も読んで、今までのマイカ先生との練習を思い出していました。
全国大会では、マイカ先生の言った通り、モンスターだらけでした。みんな、英語が上手で驚きました。僕は予選敗退でした。入賞することができなくて、すみません。それでも、この全国大会は、僕の人生の中で一番いい経験でした。本当にありがとうございました。

マイカ先生と練習してきて、一つ気づいたことがあります。それは、ふざけて話しかけてくる政党には、マイカ先生もふざけてあげて、英語の練習となると、真剣になって、と切り替えができるということです。生徒に合わせて、対応している先生がとてもかっこよかったです。
マイカ先生は、3学期から別の中学校に行かれますね。とても悲しいです。僕は、これからも英語の勉強を続けます。そして、将来は、英語を使って世界で活躍できる人になりたいと思っています。

マイカ先生、本当にありがとうございました!!また会える日を楽しみにしています!!

カードを読んだ後、少し涙が出て、彼とハグした。彼はなんか恥ずかしかったけど、自分の感情をちゃんと意識していないもんだ。笑 彼に、一緒に東京に行けなくて、すまんなって言った。東京に行くのがすごいイベントだし、彼を応援しなくては行けないと思ったので、一緒に東京に行かない決断するのが難しかった。行かないことで、がっかりしたんだろう。しかし、僕のカードは彼の力になって嬉しかった。

彼はマイカ先生が一番努力している先生と書いたところを読んだら、びっくりした。僕は学校であまりすることがないし、周りの先生たちがいつも授業の準備とか、部活とかで忙しそうだから、僕はいつも怠けている気がする。

事実は、僕は頑張り屋じゃない。親に励まされたのに、一生怠け者だ。学校では、あまり忙しいっていう気持ちがない。労働意欲があまりないことは僕の一番大きい弱点だ。ん、まあ、少し違う。ある条件の下、努力する。他人のためなら、すごく努力する性格に気づいた。自分のためなら、あまり頑張らない。僕だけが自分のアパートを見ると思ったら、あまり綺麗にしない。

しかし、他人のために働いたら、任務以上のことをする。そして、僕の努力は誰かに感謝されていることに気づいたら、全力でその人をサポートする。その性格は、僕が頑張り屋っていう印象を与えるかもしれないけど、僕は本当に弱くて怠け者だ。

なので、何をしないといけないということも、誰のためにしないといけないことに、自分を思い出させないといけない。これは、僕にはどんな人になりたくて、誰のために強くなりたいのかというリマインダーだ。

長期間の目標は日本でも、アメリカでも(両方でも)できる職業をすることだ。とりあえず、写真家になるか、Youtubeのビデオを作るのはその目標を現実できる道だと思う。すでに一歩に進んだけど、半端な動きだった。

なんで日本でもアメリカでもできる職業をしたいのかって?僕の両親が僕と僕の家族に会えるだけじゃなくて、将来の妻と子供が自分の家族に会えるようにしたいから。そして、将来に、世界の経済状況は悪くなると思うので、どこでもできる職業をしていたら、僕の立場が強まるだろう。僕の家族を守って育てるようになるだろう。

それ以上、他の人も強めて、そういうことができるようになるために、支援したい。英語の教師として、色々な人を見る。子供と大人でも、弱い人と強い人でも見る。英語教師として、知らないうちに、僕がかっこよくて頑張り屋として見えるようになってしまった。僕が期待されている。なんとなく、その期待に添えたら、期待している人も強くなるために支援できるかもしれない。

過去には、いつも他人の期待を無視していたけど、それで力の源を無視しているということだったんだろう?一生、色々な形でヒーローになった僕の話を空想している。でも、知らないうちに、他の人は僕が鏡に見えるマイカじゃなくて、他のマイカを見るようになった。彼らはマイカ先生を見える。毎朝、着替えて準備したら、マイカ先生のスーパースーツを着ているということだろう。でも、帰ったら、怠け者のマイカに戻る。

僕はマイカ先生になりたい。弱い人を強くならせるためにマイカ先生になりたい。僕は強くて賢い家族と、強くて賢い学生を育てたい。学生たちの期待に応えたい。

将来に、他人は僕がスーパー写真家か、ユーチューバーである期待があるかもしれない。その日が来たら、その期待にも応えたい。

これは、僕にはどんな人になりたくて、誰のために強くなりたいのかというリマインダーだ。

***

Well, the school semester ended last week, so I’ve been enjoying winter vacation. It’s during this couple of weeks off that I need to remind myself to keep working hard, not to let my lazy side take over. So, this is a reminder to my future self.

Last week, while I was working on my computer during recess, a student came and said he wanted to talk to me. He’s the one that went to Tokyo for the speech contest. When we went outside, he gave me a card, saying, “Sorry for giving this to you late.” I opened the envelope and found both a Japanese and English version of the card. Let me post it exactly as it is below:

Dear Mr. Micah,
How are you? I'm fine.

For 3 months, thank you very much for your English guidance. The time I spent with you to practice is now my treasure.

You taught me English very eagerly. You taught me how to move my lips and tongue clearly in small steps and it was very easy to understand. After I read my speech draft, you always said "Good!" And it made me happy. You also recorded my voice making a speech and listened again and again to improve my pronunciation. you gave me a CD that you recorded your voice reading my speech draft in various patterns.

You know, Japanese people said to be hardworking. But I think there is no hardworking teacher like you in Japan. You are the most industrious and kind teacher I've ever met. You're a monster, too.

And on the prefectural tournament day, I was very nervous. You talked to me gently, so I could relax a little. While I was making a speech on the stage, I could find your smile in the audience. And it helped me a lot. I could be the 2nd place in Saga prefecture thanks to you and Ms. OO. I'm really appreciate.
Then you also spent your time after school for me until a national tournament. I think my pronunciation could be improved because of your great help. I was sad to hear "Mr. Micah won't go to Tokyo." from Ms. OO. I wanted to go to Tokyo with you.
As you said, the national tournament was full of monsters. I was surprised because everyone was really good at English. And I couldn't pass the preliminary contest. I'm sorry that I wasn't able to win a prize. But it became the greatest experience in my life. Thank you very much.

When I was practicing with you, I have noticed one thing. You act funny for the students who try to play with you. When you teach English, you becomes serious. I thought you're very cool.

You will go to other junior high schools next semester. I'me very sad. I'll keep studying English hard from now on. And I'd like to be the person who can work around the world using English in the future.

Mr. Micah, thank you very much! I'm looking forward to seeing you again!!

I got a bit teary-eyed and gave him a hug after I read it. He seemed a little embarrassed, but that’s just because he’s not in touch with his feelings. lol I told him I was sorry that I couldn’t come to Tokyo with him. It was a hard decision for me to make because I knew that going to Tokyo for the contest was a really big deal, and I felt like I needed to be there to support him. By not going, I felt like I let him down. But, I’m glad that my card could be a source of strength for him.

I was really surprised when I heard him say that I’m the hardest working teacher he’s ever seen. I always feel lazy at school because I feel like I don’t have much to do, but the teachers around me are always busy preparing for classes and doing club activities.

The truth is that I’m not really such a hard worker. I’ve been lazy all my life, in spite of my parents’ efforts to push me to be better. I rarely feel like I’m busy while at school. My biggest weakness is my lack of a strong work ethic. Well, that’s not entirely true. Under certain conditions, I work very hard. One thing I’ve noticed about myself is that I work hard when I work for other people. When I work for myself, I don’t work hard at all. I don’t clean my apartment if I’m the only one that’s going to see and live in it.

But, when I’m working for someone else, I’ll go above and beyond the call of duty for them. And when I notice that my work is appreciated, then I’ll pour all my effort into supporting them. That can give others the impression that I’m a hard working guy, but really, I’m weak and lazy.

That’s why I need to remind myself not only what work I need to do, but who I’m doing it for. This is a reminder to myself of who I want to be and who I want to be strong for.

My long term goal is to have a career that allows me the flexibility of working in Japan or the US (or both). For now, becoming a photographer or making Youtube videos seems like two possible paths towards that goal. I’ve already made some baby-steps in both directions, but they’ve been half-hearted so far.

Why do I want a job that would let me have one foot in Japan and the other in the US? Because I want not only for my parents to be able to see me and my family, but I also for my future wife and children to be able to see their family as well. I also know that being flexible will strengthen my position in the world economy in the future. That will allow me to protect and nurture my family.

Beyond that, I want to help others be able to do the same for themselves and their own families. As an English teacher, without me realizing it, some people have come to see me as some cool, hard-working person. There are certain expectations that others have of me. If I can somehow live up to those expectations, maybe I can help them be strong, too.

In the past, I’ve always shrugged off other’s expectations, but perhaps I was ignoring a great source of strength? Throughout my life, I’ve daydreamed stories of myself as a hero in various forms. But, without realizing it, some people have already seen in me someone different than the person I see in the mirror every day. They see Micah-sensei. When I put on my work clothes in the morning, it’s like I’m putting on my Micah-sensei super-suit. But, when I get home, I turn back into lazy Micah.

I’d like to become Micah-sensei. I’d like to become Micah-sensei so that I can help the weak become strong. I want to raise a strong, smart family and strong, smart students around me. I want to live up to the expectations that students have of me.

In the future, others might expect me to be a super-hero photographer or Youtuber. I hope to live up to those expectations, if ever someone makes them of me.

This is a reminder to myself of who I want to be and who I want to be strong for.
コメントを投稿