2012年12月3日月曜日

学期の自己評価

僕の大学は成績を付けるより、先生評価と自己評価をする。アメリカ人にとっては変なシステムだから、日本人にとっても変なんだろう。しかし、僕の成功と失敗を言葉にすると、深く考えさせられてくれる。自分の弱点を考えて直せることになる。だから、ここの日記で日本語の授業の自己評価を書く。

学期の最初に、先生は僕の日本語能力を知っていたので、僕はそのクラスの普段の教科書を使わなくて、先生のくれた教科書を確認して、自分で教科書を選んだ。あまり時間がなかったから、ちゃんと確認できなかったけど、挑戦したかったので、「中級から上級への日本語」という教科書を選んだ。上級になるために勉強したけど、結果はまだ分からない。

最初に教科書の内容を会話のパートナーと一緒に勉強した。クラスは4つのグループで分かれて僕のグループは先生のアシスタントと勉強した。大体いい勉強になったけど、僕の弱点はすぐに表れられた。日常の日本語を使えるけど、上級の単語はまだ分からなかった。それは当然だろうけど、その弱点はテストの結果に悪い影響を与えた。一般的に、テストはダメだった。漢字と単語を覚えてみたけど、まだ足りない。

文法はまあまあできたけど、そんな上級文法を実際に使えるか分からない。これは僕の問題だけではなくて、言語学習者の問題である。教科書の中に始めてみた文法を実際に使えるわけではないと思う。日記を書いたら、「なんといっても」とか「~ぐらいなら、むしろ」とかの文法をちょっと思い出して使えるけど、友達と話したら、よく聞いたり読んだりする文法しか使えない。「というより」と「より」の違いを勉強して理解できても、実際に使えるわけじゃないでしょう。「わけ」とか「に対して」をよく見て、すでに考えたことがあるから、教科書で勉強したら、ちょっと勉強になる。ただし、その以外、こんな風に上級の文法を勉強することは結果的ではない気がする。

次の学期、単語に集中する。もっと日記を書いて、現実の記事を読みたい。テストを合格するために勉強するより、むしろ実際に日本語を使うことがいいと思う。

その以外、何度も教科書の中の大事なページを勉強するのを忘れたから、すごく恥ずかしかった。ちゃんと練習しないといけない。

しかし、毎日日本語を使うので、日本語能力は上達するはず。友達と話したり、ニュースを読んだり、音楽を聴いたり、アニメを見たりする。特に音楽の歌詞を覚えたほうがいいと思う。単語を覚えられるし、何度も繰り返して聴いて、歌手と一緒に歌えるので、発音を練習できるし。
コメントを投稿